新宿 耳鼻科 気管支喘息

気管支喘息

気管支喘息の原因

喘息とは、空気の通り道である気道が狭くなり、呼吸が苦しくなる病気です。
喘息の原因はハウスダストやダニなどのアレルギー物質などにより、気管支に炎症が起こり、気管支が気管支が狭くなって起こります。原因がはっきりしないこともありますが、季節の変わり目や気圧の変化などにより発作が起こりやすくなります。

気管支喘息の症状

喘息の症状には、咳、痰などがあげられます。気管支が狭くなると、ヒューヒューといった音が喉や胸から聞こえる喘鳴(ぜいめい)と呼ばれる症状があらわれることもあります。特に、副交感神経が高まりやすい夜中や明け方にひどくなりやすい傾向にあります。

気管支喘息の治療法

喘息の治療法は、気道の炎症を抑える吸入ステロイド剤(アドエアー、フルタイド、シムビコートなど)、炎症を抑える飲み薬(オノン、プランルカスト、シングレアなど)、気管支を拡張させる飲み薬(テオドールなど)を使用します。

喘息がひどいときは、ステロイドの飲み薬(プレドニン、セレスタミンなど)を使用することがあります。

喘息の発作時には、吸入の気管支を広げる吸い薬(メプチンエアー、サルタノールインへラーなど)を一時的に使用することがあります。メプチンやサルタノールは使いすぎると体に負担がかかることがありますので、使いすぎないように注意してください。

気管支喘息の注意点

喘息は、薬できちんとコントロールされれば、健康な人と同じように生活を送ることは可能です。吸入ステロイド剤などの治療を継続することによって症状を適切にコントロールしていくことで、発作が起こりにくくすることもできます。

喘息の要因となるアレルギー物質(ハウスダストやダニなど)の吸入や、喫煙、飲酒などをなるべく避けてください。ストレスや疲れをためこまず、ゆっくり睡眠をとってください。