新宿 耳鼻科 溶連菌感染症

溶連菌感染症

溶連菌感染症の原因

溶連菌感染症とは、A群β溶血性連鎖球菌という細菌により引き起こされる感染症です。感染部位は鼻粘膜、咽頭粘膜、扁桃腺であることが一般的です。感染経路は咳や唾液などによる飛沫感染(ひまつかんせん)がほとんどと考えられています。幼児や学童児に多く、保育園、幼稚園、小学校などの集団の中で流行を認めることもあります。

溶連菌感染の症状

発熱、咳、頭痛、のどの痛み、倦怠感などの普通の風邪症状から発症することが多く、食欲不振、腹痛などの症状を伴うこともあります。それ以外にもいちご舌や全身に発疹がみられたりすることもあります。

溶連菌感染症の検査

溶連菌に感染しているかどうか迅速検査をすることができます。10分ほどで結果がでます。

溶連菌感染症の治療法

溶連菌に効果的な抗生物質の飲み薬(サワシリンやフロモックスなど)を使用します。念のため腎炎を予防するために、抗生物質の飲み薬は10日分飲みきることもあります。医師とご相談ください。

溶連菌感染症の注意点

溶連菌感染症は、溶連菌のつくる毒素により急性期に様々な症状がでます。急性糸球体腎炎やリウマチ熱といった病気の原因にもつながる場合があるので注意が必要です。

溶連菌感染症は何科にかかればいいか

大人であれば内科もしくは耳鼻咽喉科(耳鼻科)にかかるとよいでしょう。子供の場合は、小児科がよいでしょう。

どのような症状があれば、病院にいけばいいか

発熱、咳、のどの痛みなど溶連菌を疑わせる症状があれば、病院を受診するとよいでしょう。