新宿 耳鼻科 耳の帯状疱疹

耳の帯状疱疹

耳の帯状疱疹とは

耳の帯状疱疹とは、帯状疱疹が耳や外耳道などに出現する病気です。

耳の帯状疱疹の原因

帯状疱疹は耳だけでなく、体のどの部位でも発症する可能性がありますが、他の部位と同様に、帯状疱疹のウイルスの再活性化によるものと考えられています。

耳の帯状疱疹の症状

最初は、痛みなどの症状から始まり、赤み、水ぶくれとなり、かさぶたになります。

耳の帯状疱疹の治療法

抗ウイルス薬の飲み薬(ファムビル、バルトレックスなど)を使用します。痛みが強い時は、痛みどめの飲み薬(ロキソニンなど)を使用する場合があります。神経痛が残る場合は、ビタミンB12(メチコバール)、リリカを使用する場合があります。

耳の帯状疱疹の注意点

最初は耳の付近の痛みのみで、皮膚疾患と気づかない場合も珍しくはありません。水ぶくれなど皮膚症状がありましたら、早めに皮膚科にもご相談されるとよいでしょう。

帯状疱疹後の神経痛のリスクを減らすためにも、早めに抗ウイルス薬の飲み薬を開始することが重要です。