新宿 耳鼻科 眠くなりにくい風邪薬

眠くなりにくい風邪薬

眠くなりにくい風邪薬

風邪薬を飲むと眠くなるといった経験をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。特に、働いている方にとって風邪薬を飲むと、眠気を感じないまでも、集中力や判断力を低下させるので、ミスを犯しやすく、仕事、勉強、車の運転などにも支障を起こします。

風邪薬には、くしゃみや鼻水を引き起こす物質であるヒスタミンの作用を抑えるため、抗ヒスタミン薬が配合されていることがあります。ヒスタミンの作用には、脳内物質として眠気を抑えて覚醒状態を保つ重要な役割もありますが、抗ヒスタミン薬が脳内に移行すると、この働きも抑制されてしまうために、眠気がさしたり、頭がボーッとしてしまうこともあります。

抗ヒスタミン薬が脳に働くと眠気が出現するわけですから、脳へ移行しにくい薬が望まれるため、非鎮静性の第二世代抗ヒスタミン薬が開発されました。個人差はありますが、眠くなりにくい第二世代抗ヒスタミン薬は、薬局で市販されていることは少なく、病院やクリニックでしか処方されないものがほとんどです。

風邪薬の中に入っている成分で、鼻水や鼻詰まりに効く抗ヒスタミン剤(マレイン酸クロルフェニラミン、マレイン酸カルビノキサミンなど)は眠気を誘う副作用があり、薬局で市販されています。

眠気の起こりにくいくしゃみや鼻水を抑える薬としては、アレグラ、クラリチン、アレジオンなどがあげられ、病院やクリニックなどの医療機関で処方される処方せんの必要な薬になります。

風邪薬や花粉症薬で眠気が起こりやすい方や眠くなると困ってしまう方は内科や耳鼻科(耳鼻咽喉科)の医師に相談するとよいでしょう。

また、風邪の引き始めた際に使用する葛根湯などの漢方薬も眠くなりくい風邪薬といえます。

通常、抗生物質(クラリス、クラリシッド、オゼックス、ジェニナックなど)や解熱鎮痛剤(ロキソニン、ブルフェンなど)や去痰剤(ムコダイン、ムコソルバンなど)は眠くなりません。