新宿 耳鼻科 花粉症

花粉症

花粉症の原因

花粉症の原因は季節によって、異なります。2月から4月にかけてはスギ、ヒノキなどよる花粉症、夏から秋にかけてはブタクサやイネ科などによる花粉症があります。

昭和30年頃、植林された多くのスギが成熟して、花粉を多くつけるようになってから、スギ花粉の飛ぶ量が増えていることがスギ花粉症の方が増えている大きな要因の一つです。

春の花粉症

春の花粉症には、スギ、ヒノキなどの花粉が原因になります。日本人の5人に1人がスギ花粉症といわれています。

秋の花粉症

秋の花粉症には、ブタクサ、イネ科などの花粉が原因になります。スギやヒノキほど頻度が多いわけではありませんが、毎年秋になると花粉症の症状がでる場合は、疑われます。

花粉症の症状

花粉症の症状は、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどがあります。目の周りのかゆみ、のどの違和感、体の皮膚にかゆみを感じることもあります。

花粉症の検査

花粉症の検査は採血して血液検査でアレルギー反応があるかどうか調べます。春の花粉症の場合は、スギ、ヒノキなどを検査します。秋の花粉症の場合は、ブタクサ、イネ科、ヨモギなどを検査します。

花粉症の治療法

花粉症の治療法は飲み薬と点鼻薬と目薬などを組み合わせて使用します。飲み薬は、抗アレルギー剤の飲み薬(アレグラ、アレロック、アレジオン、クラリチン、ザイザル、ジルテック、エバステル、タリオンなど)、鼻水、鼻づまりを抑える飲み薬(オノン、プランルカスト、バイナスなど)、症状がひどいときはステロイドの飲み薬(セレスタミンなど)を使用します。

点鼻薬には、ステロイドの点鼻薬(アラミスト、ナゾネックス、フルナーゼ、エリザスなど)、抗ヒスタミン剤の点鼻薬(リボスチンなど)を使用します。点鼻のステロイド薬はステロイドの飲み薬と異なり、ほとんど副作用はありません。

目薬は抗アレルギー剤の点眼薬(パタノール、リボスチン)、かゆみを抑える目薬(リザベンなど)を使用します。目のかゆみがひどい場合は、ステロイドの点眼薬(フルメトロンなど)を使用することもあります。

新宿駅前クリニック内科では、症状にあわせて、眠くなりにくい薬も処方しております。眠くなりにくい薬がご希望の方はお気軽にご相談ください。

花粉症の初期治療

スギやヒノキなどの花粉症などのアレルギーは、症状が悪化すると薬が効きにくくなることもあります。

花粉の飛び始める2週間くらい前から症状を抑える抗アレルギー薬(アレグラ、ザイザル、アレロック、クラリチン、アレジオンなど)などの使用によりシーズンの症状を軽くすることができます。花粉症の初期療法と呼ばれています。

スギ花粉症初期療法の場合は、1月中旬頃から抗アレルギー薬を飲み始めるのが一般的です。

花粉症は何科に受診すればよいのでしょうか?

一般的には、花粉症は、内科、耳鼻科(耳鼻咽喉科)、アレルギー科、眼科などを受診します。鼻水、鼻づまり、くしゃみなど鼻症状のみであれば、内科、耳鼻科(耳鼻咽喉科)、アレルギー科を、目のかゆみ、目の充血など目の症状のみであれば、眼科がおすすめです。

病院での処方せん薬と薬局での市販薬との違い

病院では、医師が症状にあわせて薬が処方されます。眠くなりにくく改良された新しい薬(アレグラ、クラリチンなど)が処方可能です。保険診療(3割負担の場合)であれば、診察代、処方せん料などは3割負担になります。

薬局での市販薬は健康保険が適応されませんが、診察代、処方せん料などはかかりません。薬代のみかかります。

花粉症で病院にかかった場合の費用負担について

病院で花粉症について保険診療を受ける場合は、健康保険症(3割負担の場合)をお持ちであれば、診察料や薬代などは3割負担になります。

目安となりますが、新宿駅前クリニック内科では、保険診療であれば診察料および処方せん料で1100円前後かかります。それ以外に調剤薬局にて薬代(薬にもよりますが、通常2週間分で1000円から2000円前後)がかかります。