新宿 耳鼻科 耳鼻咽喉科 急性鼻炎

急性鼻炎

急性鼻炎の原因

鼻腔の粘膜に、炎症が生じたものを鼻炎といいますが、急激な経過をとるものを急性鼻炎と呼びます。急性鼻炎の多くは、いわゆる鼻風邪が原因で、ライノウイルス、RSウイルス、アデノウイルス、コロナウイルスなどがあります。ウイルス感染以外にも細菌感染が生じることもあります。

急性鼻炎の症状

鼻水、鼻づまり、くしゃみといった鼻症状が一般的です。鼻水は、初めは水性あるいは粘性ですが、細菌感染を合併すると膿性になることもあります。
のどの痛み、咳、発熱、頭痛などの症状も伴うことがあります。

急性鼻炎とアレルギー性鼻炎の見分け方

急性鼻炎の場合は、鼻粘膜は赤く腫脹し、花粉症の場合は、鼻粘膜は蒼白に腫脹することが多く、また、花粉症の場合は、目のかゆみなどの症状を伴うことがあり、重要な見分け方のポイントになります。

急性鼻炎の治療法

風邪症状と同じように、鼻水がひどい場合は、抗アレルギー剤の飲み薬(アレグラ、アレロック、ザイザルなど)を使用します。また、細菌感染が疑われる場合は、抗生物質の飲み薬(フロモックス、オゼックスなど)を使用します。

急性鼻炎の注意点

治りが悪い場合は、副鼻腔炎などを合併している可能性もありますので、注意が必要です。

急性鼻炎は何科にいけばいいか

急性鼻炎は、内科、耳鼻咽喉科(耳鼻科)を受診するとよいでしょう。

どんな症状があれば、病院を受診した方がいいか

鼻水、鼻づまりがひどい場合は、早めに病院を受診するとよいでしょう。