新宿 耳鼻科 耳鼻咽喉科 急性副鼻腔炎

急性副鼻腔炎

急性副鼻腔炎の原因

ウイルスや細菌が副鼻腔に感染することにより引き起こされます。原因となる細菌には、肺炎球菌、インフルエンザ菌、ブドウ球菌などがあげられます。

鼻は、息を吸ったり吐いたりすると、鼻腔と副鼻腔は自然口という小さな穴で交通しています。副鼻腔には、上顎洞(じょうがくどう)(頬の奥)、前頭洞(ぜんとうどう)(眼の上)、篩骨洞(しこつどう)(眼の内側)、、蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)(篩骨洞の奥)があって、これらの副鼻腔に急性の炎症が起こることを急性副鼻腔炎といいます。

急性副鼻腔炎の症状

急性副鼻腔炎の症状は、鼻水と鼻づまりと炎症部位の違和感や痛みが中心です。風邪症状が先行し、膿性の悪臭を伴う鼻水が生じます。上前頭洞に炎症を起こした場合は、おでこの痛み、顎洞に炎症を起こした場合は、頬部の痛み、篩骨洞に炎症を起こした場合は、眼の内側の痛み、蝶形骨洞の炎症を起こした場合は、頭痛や頭重感が起こることがあります。

急性副鼻腔炎の治療法

細菌感染が疑われる場合は、抗生物質の飲み薬(フロモックス、、オゼックス、クラビットなど)を使用します。痛みが強いときは、解熱鎮痛剤の飲み薬(ロキソニン、ブルフェンなど)を使用します。炎症が強い場合は、ステロイドの飲み薬(セレスタミンなど)を使用します。

急性副鼻腔炎の注意点

まれに副鼻腔の炎症が眼や脳に進むことがあります。眼に炎症が広がり、脳までおよぶと、強い頭痛や意識障害が起こることがありますので、注意が必要です。

急性副鼻腔炎は何科にいけばいいのか

急性副鼻腔炎は耳鼻咽喉科(耳鼻科)、内科を受診するとよいでしょう。重症化した場合は、総合病院の耳鼻咽喉科を受診することをおすすめします。

どんな症状があれば、病院を受診した方がいいか

鼻水、鼻づまりがあり、急性副鼻腔炎が疑われる症状があれば、病院を受診するとよいでしょう。