新宿 耳鼻科 耳鼻咽喉科 鼻炎

鼻炎

鼻炎の原因

鼻の中の粘膜に、様々な原因によって炎症が生じたものが鼻炎です。ちなみに、鼻腔とは鼻の中の空洞のことをさし、鼻腔内は鼻中隔によって左右に分けられています。この鼻中隔の内部は軟骨と骨、外側は粘膜でつくられていて、板のようになっています。

鼻炎はウイルスや細菌の感染症による急性鼻炎と、スギやハウスダストの花粉症などによるアレルギー性鼻炎に分けられます。

なお、鼻の中の粘膜の炎症が続いたり、治まっても繰り返したりする場合、慢性鼻炎が疑われます。

急性鼻炎は一般的には鼻風邪(はなかぜ)と呼ばれています。アレルギー性鼻炎は花粉が原因の場合は、一般的には花粉症と呼ばれています。

鼻炎の症状

急性鼻炎の症状としては、鼻から喉にかけて乾燥した感じ、鼻づまり、鼻水、くしゃみなどがあります。鼻水は、透明なものから粘り気のあるものまで様々で、鼻での呼吸がしづらくなり、ニオイもわかりにくくなることもあります。

また、鼻風邪は、鼻の症状のほかにも、発熱、頭痛、寒気、倦怠感、咳、痰、のどの痛みなどの症状が見られる場合もあります。

炎症が強い場合ですと、中耳炎、副鼻腔炎、咽頭炎、気管支炎など他の病気を併発することもあります。

アレルギー性鼻炎の症状は、発作性のくしゃみ、鼻水、鼻づまりが起こるのが特徴です。

夜から朝にかけて体を休めるときは、副交感神経が活発に働くため症状が強く出ることが多いです。

慢性鼻炎の主な症状は、鼻水、鼻づまり、鼻水がのどの奥にたれる後鼻漏、嗅覚障害、鼻血などの症状があらわれます。鼻呼吸がしにくいため口を開けていることが多くなり、口の中が乾燥することもあります。

アレルギー性鼻炎と鼻風邪の違い

  アレルギー性鼻炎 鼻風邪
鼻水 サラッとした水状で透明な鼻水 黄色っぽく粘状な鼻水
発熱 熱はないことが多いですが、症状がひどくなると微熱を伴うことはあります。 発熱を伴うことが多いです。
目のかゆみ 目の症状はほとんどありません。 目のかゆみを伴うことがあります。
時期 時期毎年同じ時期に起こります。原因がハウスダストの場合、一年中です。スギ、ヒノキなら春、ブタクサ、ヨモギなら秋に症状が起こります。 季節を問わず症状がでます。

鼻炎の検査

急性鼻炎は通常、風邪と同じように問診および視診で診断がつきます。

アレルギー性鼻炎は、問診および視診で診断がつきますが、血液検査によるアレルギー検査(スギ、ヒノキ、ハウスダスト、ダニなど)をすることもあります。

鼻炎の治療法

急性鼻炎は、症状にあわせて治療します。鼻水に対しては、鼻水を抑える飲み薬(PL、ピーエイ、アレグラ、アレロック、アレジオンなど)、細菌感染が疑われる場合は、抗生物質の飲み薬(クラリス、クラリシッド、フロモックス、オゼックスなど)、痛みを伴う場合は鎮痛剤の飲み薬(ロキソニン、ブルフェン、ボルタレンなど)を使用します。

アレルギー性鼻炎は、飲み薬と点鼻薬を症状にあわせて使用します。飲み薬としては、抗アレルギー剤の飲み薬(アレグラ、アレロック、ザイザル、ジルテック、エバステル、クラリチン、アレジオンなど)や鼻水を抑える飲み薬(バイナス、オノン、プランルカストなど)を使用します。

眠気の起こりにくい花粉症の飲み薬としましては、アレグラ、クラリチン、アレジオンなどがあげられます。

点鼻薬としては、アラミスト、フルナーゼ、ナゾネックスなどを使用します。点鼻薬のステロイドは、経口のステロイド薬のように全身性の副作用はほとんどありません。

鼻炎の注意点

部屋の中が乾燥していると、鼻がつまりやすくなるので、温度・湿度を調整することは重要になります。無理にかもうとせず、苦しいときは鼻の下に蒸しタオルを軽く当てると楽になります。

鼻の下をこすりすぎると、皮膚がヒリヒリして荒れてしまいます。その際はガーゼなどでやさしく拭いたあと、保湿作用のある軟膏を塗るとよいでしょう。

また、急性鼻炎とアレルギー性鼻炎共通していえることですが、花粉症や風邪が流行する時期には、マスク、手洗い、うがいなど気をつけましょう。