新宿 耳鼻科 コラム 花粉症の症状を改善するポイント

花粉症検査

放置すると気道の炎症が悪化する喘息

▲ コラムトップページへ

気管支喘息は発作が起こっているときは胸が痛かったり、息苦しかったりと、非常につらいのですが、発作がおさまってしまうと、仕事や家事、勉強などに差しさわりがなく、普段通りの生活をすることができます。そのため、病院に行くこともせず、そのまま放置してしまう人も少なくないのです。しかし、そのままにしておくと、気管支が過敏になり、さらに空気の通り道が狭くなることで症状が悪化し、大きな発作を起こしやすくなります。大きな発作を起こすと窒息して死に至る、という危険もあります。日本では喘息による死亡が先進国の中では多い方なのです。
気管支喘息の症状に心当たりのある方は、忙しいから、軽い咳だから、と自己判断せずに耳鼻科を受診しましょう。西新宿で耳鼻科をお探しの方は、ぜひ、新宿駅前クリニックまでご相談ください。