新宿 耳鼻科 コラム 花粉症の症状を改善するポイント

花粉症検査

季節性アレルギー性鼻炎とは

▲ コラムトップページへ

日本人の4人に1人が花粉症にかかっており、東京都内でも花粉症の季節には予防の為のマスク姿が多く見られます。オフィス街にある新宿区の耳鼻科には会社帰りに治療を受ける方が大勢います。花粉症は季節性アレルギー性鼻炎のことで、アレルギー性鼻炎の1つです。アレルギー性鼻炎には季節性アレルギー性鼻炎と通年性アレルギー性鼻炎の2種類があります。季節性アレルギー性鼻炎は植物の花粉がアレルギーの原因となってくしゃみや鼻水、鼻づまりがおきます。また目や皮膚の痒みの症状が鼻の症状とともに起きることがあります。新宿の耳鼻科では鼻の症状だけでなく目や皮膚の痒みにも対応した治療が行われています。治療方法としては抗ヒスタミン薬の飲み薬等を服用して症状をおさえます。季節性アレルギー性鼻炎であることが分かっている方は、花粉が飛び時始める2週間前から薬を飲み始めると効果的です。花粉が飛ぶ前から薬を飲むことで花粉の飛散量が多くなっても症状が軽減されるメリットがあります。花粉は一年を通して飛んでおり、スギやカモガヤ、ブタクサ等に反応する方が多いと考えられています。この他には減感作療法や手術で症状を改善していくこともあります。花粉は一年を通して飛んでおり、スギやカモガヤ、ブタクサ等に反応する方が多いと考えられています。アレルギーの原因となっている植物の種類を病院で検査することで分かります。自分のアレルギーの原因とる花粉を知る事で飛散時期に合わせて治療を行うことができます。