新宿 耳鼻科 コラム 花粉症の症状を改善するポイント

花粉症検査

喘息は放置すると発作の頻度や症状が悪化する

▲ コラムトップページへ

気管支喘息は発作が起こったら放置せずに、素早く対処することが大切です。正しく対処をするためには、喘息の段階を知っておくことが必要です。一つは、年間でどれくらいの頻度で起こるのか、発作の頻度を把握しておきましょう。
年に数回、季節によって軽い発作が起こる間欠型、月に1回以上、週に1回未満ほど起こるが日常生活に支障がない軽症持続型、週に1回以上起こり、ときに大きな発作が起こり日常生活に支障があるのは中等症持続型です。さらに毎日喘息が起こり、週に1~2回ほど大きな喘息が起こる、さらに入・退院を繰り返すほどの重症持続型があります。
こまめに喘息の症状が起こるようなら、早めに耳鼻科に行って治療をした方がいいでしょう。西新宿で耳鼻科をお探しの方は、新宿駅前クリニックまでご相談ください。