新宿 耳鼻科 コラム 花粉症の症状を改善するポイント

花粉症検査

冬の過ごし方が大切な春の花粉症

▲ コラムトップページへ

寒さのピークを迎えようとする1月後半から2月ごろになると、花粉症対策を行う人が徐々に増えてきます。2月はまだまだ雪が残っている地域も多く、日本では冬の真っただ中であり、「花粉なんて飛散していないじゃないか!」と思う方も多いと思います。新宿区にある耳鼻科クリニックによると、春に多く発症する花粉症に対して万全体制でその時期を迎えるためには、「冬の期間の過ごし方で決まる」としています。
春は草木が芽吹き、色とりどりの花が咲く乱れる季節ですが、花粉症の患者さんからすると毎年冬の終わりから春にかけては憂鬱になりがちという人も多いのではないでしょうか。そんな方に、万全の体制で春を迎えられるよう寒い時期の過ごし方について、新宿の耳鼻科クリニックの解説を参考に紹介していきます。
この新宿の耳鼻科クリニックでは、冬は「東洋医学で腎臓の季節」であるとして、寒い時期に腎臓に負担をかけるような生活を送っていると、春に発症する花粉症が悪化する可能性があると説明しています。
花粉症になる原因として挙げられるのは、植物の花粉が人間の目や鼻の粘膜に付着することで、粘膜がアレルギー反応を起こし発症すると新宿区の耳鼻科クリニックは言っています。
メカニズムとしては、花粉が目や耳に侵入してくると、それをリンパ球が侵入者として認識します。そしてその花粉に対抗するために「lgE抗体」と呼ばれる抗体を作ります。このlgE抗体が肥満細胞に付着するとヒスタミンなどの化学物質が分泌され、それと共に体外へ排出させるためにくしゃみを起こしたり鼻水・涙などを流すのです。そのためこのアレルギー症状では、激しいくしゃみや大量の鼻水や涙が出るというわけです。
このアレルギー症状は個人個人の体質により、アレルギーの原因となる花粉が異なっており、また毎年発症しないからこれから先も全く発症しないとは断言できないと、新宿区の耳鼻科クリニックの医師は言っています。それはなぜかと言うと、このアレルギー症状を発症するに至る要因には、「これまでどれだけ花粉を吸い込んできたか」という、「花粉の吸入量」が大きく関係しているといわれています。そのため、数年間しか花粉を吸い込んでいない子供と、数十年にわたり花粉を吸い込んできた大人では、大人の方がより発症率が高く、また大人でも今まで症状が現れなかった人が、急に発症するというケースも多く見受けられます。
新宿区の耳鼻科クリニックにも、「去年までは全く症状がなかったのに、今年になったらくしゃみや鼻水、目のかゆみなどが起こるようななった」と受診する患者さんが増えていると話しています。
花粉症は主にくしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみが知られており、患者さんの症状でもこれらが最も多い症状であると、新宿区の耳鼻科クリニックでも説明しています。これらの症状が一気に襲ってきて、さらに長期に及ぶとなると肉体的にも精神的にも辛い状態となります。では、春にやってくるこの辛いアレルギー症状を、何とか緩和する方法などはないのでしょうか。
新宿区の耳鼻科クリニックの医師によると、春に症状がそのように現れるかは、「冬の期間の日常生活の送り方で変わってくる」としています。これはどういうことかと言うと、このアレルギー症状は腎臓の働きと大いに関係しており、腎臓に負担をかけるような生活を毎日送っていると、春には症状が重くなる可能性があるとして、「寒い時期の生活習慣の見直しが大切!」としています。
東洋医学において冬は腎臓の季節と言われており、忘年会や新年会などで連日のようにアルコールを摂取したり、酔っ払って路上などで寝てしまい体を冷やしたりという生活を送ることで、知らず知らずに腎臓に負担をかけているのです。 腎臓には元々5つの働きを持っており、1.老廃物を尿として体外へ排出する、2.電解質のイオンバランスを保つ、3.血圧を調整する、4.造血ホルモンを分泌する、5.骨の生成に必要な活性型ビタミンDを作るという大切な働きを持っています。
体にとって大切な働きをする腎臓に負担がかかることで、体の至る所に障害が現れ、その1つとしてアレルギー症状の悪化があると新宿区の耳鼻科クリニックは説明しています。腎臓にさらに負担がかかると「腎不全」を引き起こすことにもつながるとしています。
新宿のクリニックは、耳鼻科の中でも花粉症や風邪、インフルエンザに特化して診療を行っている専門機関であるため、代表的な植物の花粉ごとによってそれぞれ最適な治療方法を行っています。また、治療を行うだけではなく、アレルギー症状を起こさないことが一番大切だとして、シーズンが始まる前からの予防治療を行っています。花粉が飛散する前に薬を飲むことで、その症状を軽減させることができるとしており、腎臓に負担を掛けない生活の送り方と一緒に、患者さんに推奨しています。
急に発症したという方は、自分がどの花粉にアレルギー反応を示しているのか分からないため、新宿区のクリニックのような専門機関で検査をしてもらい、適切な治療を早期で受けることをおすすめします。