新宿 耳鼻科 コラム 花粉症の症状を改善するポイント

花粉症検査

のどがイガイガする「のどの痛み」の対処法

▲ コラムトップページへ

冬になると気になる喉の痛み、どんなことに気を付けていると、痛みが出る前に予防できるのでしょうか?
痛くなってしまったら、耳鼻科などのクリニックで診てもらう前に、自宅で簡単に、のどのイガイガ痛を取り除くには、どんなことをしておけば良いのでしょうか?
首にネギを巻くよりも、もっと科学的に根拠の有る対処法があるのです。
自宅でのケアでもよくならない、熱まで出てきて不安になる。そんな時には、新宿などの都会の真ん中にお勤めだと、仕事の前後で簡単に診療してもらえるかかりつけのクリニックなどが あると安心ですね。一般的な市販薬を飲む前に、まず自分でできる簡単な対処法を試してみましょう。
新宿や、渋谷などの人ごみの中では、冬になると風邪のウイルスがたくさん飛んでいます。
マスクをしている人も多く見かけますが、自分でも気付かないうちに風邪を引いていて、周りにウイルスをまき散らしているかもしれません。新宿の高層ビルにお勤めだと、エレベーターの中では目には見えませんが、ウイルスたちがうじゃうじゃしているかもしれませんね。痛みがなくても、喉にとっては危険な状況にあるのです。
のどが痛くなったら、新宿でも駅前には耳鼻科などのクリニックがあり、そこで診てもらうこともできますが痛みが出たばかりだと、自宅で簡単に治せると良いですね。
では、喉の痛みはなぜおきるのでしょうか?
そもそも、喉の痛みというものは、風邪やインフルエンザといったウイルスによって、のどの粘膜が炎症を起こしてしまっている状態。また、空気の乾燥や、ハウスダスト、花粉などの影響でのどの粘膜が炎症を起こしてしまっている状態。これらの場合には、異物を外へ追い出そうと、咳を頻繁に繰り返すことも伴います。
咳き込むことによってさらにのどへのダメージが加わり、喉の痛みがひどくなる悪循環にも陥るのです。
新宿などの都心部では、人ごみによるウイルスの蔓延や、排気ガスなどの空気中の微粒子、様々なアレルギー物質などの影響で、喉に不快感を訴える人が多くいます。
自分でできる対策を施しても症状が改善されない場合には、早めに医療機関にかかることも大切です。新宿の巨大ビル群の中にも診療してくれるクリニックはありますので、仕事の合間にかかりつけ医をつくると安心ですね。
喉の痛みには、風邪やインフルエンザ、ハウスダストや花粉といった原因のほかにも副鼻腔炎・肺炎、気管支喘息、肺がんなど様々な重篤な病気が隠されていることもありますので、気になる方は、耳鼻科を受診されるときちんと検査してもらえますので診察してもらいましょう。
喉が変だなと思ったら、まずは喉を温めましょう。喉に悪さをするウイルスは、低温で活動が活発になる特性があります。ですので、なるべくマフラーやネックウォーマーを使って、寝ている間も保温しておくことが重要です。風邪のひき始めのぞくぞくする感じにも有効ですね。外出の際には、小さな使い捨てカイロなどをマフラーに付けておくと、温かさが持続して気持ちが良いですよ。
保温を心がけたら、次に手軽に家で喉の痛みを和らげるためには?耳鼻科の先生もお勧めする方法としては、うがいです。特に殺菌効果の高いといわれている緑茶などカテキンを多く含むもので、のどの奥の方まで使ってうがいをすると良いですね。うがいの際には、「あー」と声を出すようにしてうがいをすると、喉の奥まで殺菌効果が行き渡ります。また、部屋の加湿にも気を配りましょう。都会の真ん中、新宿のオフィスビルでもデスクの上に加湿器をおいて仕事をする人もいます。冬の乾燥した空気はのどへの負担も大きいですので、のどに良いといわれるユーカリや、ティートリーなどのアロマオイルなどの蒸気で加湿すると潤いますね。うがいや、加湿などは、特に痛みのない場合でも予防として有効ですので、常に心がけるようにしたいですね。寝るときにはマスクを着用して喉の潤いを保ってあげるようにすると、イガイガが楽になります。
なるべく口呼吸ではなく、鼻で呼吸をするようにして、保湿や保温とともに、さらなるウイルスの侵入を阻止する役目も果たしますので、マスクも重要なアイテムです。
現在では冬場にマスクを着用している人も多くみられますが、喉が痛くて咳が出るような場合には他の人へうつさないエチケットとして、マスクをすることが常識となってきています。
花粉や、ハウスダストなどが原因の咳だとしても、周囲の人はウイルスが飛んでくると誤解するかもしれません。
特にビジネスマンの多くいる新宿副都心のようなところでは、気を付けたいものです。
周囲への心配りの為にも、マスクの着用はしておくようにしましょう。
喉に痛みを感じて、発熱や、頭痛、鼻水などの症状も出てくるようだと、風邪やインフルエンザが疑われますので、耳鼻科などのクリニックや、内科を受診して専門医に診断してもらいましょう。また、咳に血が混じるなどの通常とは違う違和感があれば、すぐに医療機関へ行くようにします。喉の痛みの裏にも、重篤な病気が隠れている場合がありますので、素人判断は禁物です。