新宿 耳鼻科 コラム 花粉症の症状を改善するポイント

花粉症検査

インフルエンザの症状とかぜの症状の違い

▲ コラムトップページへ

冬の乾燥する時期にいなると流行する病気が「インフルエンザ」です。この疾患は、かかった人が風邪と間違えて認識してしまうことが多く、気付かぬうちに周囲の人たちにうつしてしまっていることが多く、こうしたことから大流行へとつながっていきます。
この疾患の症状としては、一般的な風邪の症状と似ているため、少しの咳や発熱の場合には市販の風邪薬で様子を見る人も多いことでしょう。また、会社を休めないからと、少しくらい体調が悪くても出勤する人も多いと思います。しかし、これが間違いであり流行を引き起こす原因の一つとなっているのです。
では、インフルエンザと風邪には、それぞれどのような違いがあるのでしょうか。また、それを見分ける方法はあるのでしょうか。
インフルエンザは一般的な風邪とは違い、突然38度以上の高熱と共に激しい悪寒が襲います。それと同時に激しい頭痛、体の節々の痛み、筋肉痛などが現れてきます。これらの症状を引き起こす原因はインフルエンザウイルスであり、感染すると約1日から3日の潜伏期間を経て発症します。
発症から約1日から3日間は38度以上の高熱と頭痛、全身の倦怠感などが続き、食欲不振などの全身症状が現れます。発症から4日から1週間ほど経つと、今度が咳やのどの痛み、鼻水などの呼吸器の症状へと変化していきます。感染してから快方に向かうまでは、一般的に10日前後かかると言われています。
風邪の場合は通年を通して発症しますが、インフルエンザは季節性の疾患であり、特に日本では11月頃から12月頃にかけて流行し始め、1月から3月頃にピークを迎えることが多いです。
西新宿にある耳鼻科クリニックによると、簡単な風邪との見分け方として、「発症後の状況」で見分けると良いと言います。風邪の多くは、発症しても経過が緩やかであり、微熱程度で済むことが多いです。しかし、インフルエンザは、初期の段階から急な高熱と共に発症します。そして、全身の倦怠感や酷い関節痛や頭痛などに襲われた場合には、西新宿の耳鼻科専門医などで一刻も早い治療を受けることが重要です。
万が一、インフルエンザを発症した場合には、症状を改善させるためにどのような措置を取れば良いのでしょうか。
耳鼻科に関係する病気が、「簡単に」そして「良く分かる」あるサイトがあります。このサイトは、西新宿にある耳鼻科クリニックが運営しているサイトで、耳鼻科に関係するあらゆる疾患について、詳しく説明しています。
この西新宿のクリニックによると、流行のピークを迎える前に予防接種を受けておくことで、予防することができまた、万が一発症しても軽度で済むことがほとんどと言います。特に幼児は注意が必要で、ウイルスが脳に達することで、発熱が起こった後に急激な神経障害や意識障害を伴う「インフルエンザ脳症」を引き起こすことがあります。この合併症はA型ウイルス(A香港型)が原因となっていることが多いため、A型の予防接種を受けることが重要です。
西新宿の耳鼻科クリニックでは、インフルエンザに特化したクリニックとなっており、予防接種も10月1日から早期受付をしています。万が一、ウイルスに感染し発症した場合には特別な治療法で改善へと導いてくれます。
西新宿のクリニックの治療方法には、薬物療法が用いられ、治療には「タミフル」・「リレンザ」・「イナビル」と呼ばれる薬を、ウイルスの型や患者さんの症状、体調、年齢などによって使い分けをします。
「タミフル」は経口薬であり、1日2回の服用で5日間の継続服用が目安となります。この薬はA型・B型の両方に有効とされており、その優れた効果や実績から、国内での使用頻度が非常に高い薬です。しかしその反面、服用後に異常行動や副作用を起こす可能性も高いとして、10代での使用を禁止しています。
「リレンザ」は吸入する薬で、パウダー状の薬を口から吸います。この薬もA型・B型の両方に効果があり、異常行動や副作用も少ないことから今後期待させる治療薬の一つとなってます。ただし、吸入する力が弱いとその効果が十分に発揮されない可能性もあります。
「イナビル」もリレンザと同様に吸入によって服用する薬です。1回の吸入で治療が済むため簡単ですが、上手に吸入しなければならず、場合によっては調剤薬局などで吸入してもらうこともあります。こちらもA型・B型の両方に効果的ですが、年齢により吸入回数が決められており10歳未満の子供は1容器分(2吸入で1回分)まで、10歳以上は2容器までと制限されています。西新宿のクリニックでは、これらの治療薬を用いて患者さんそれぞれの体調に合わせて処方してくれます。
インフルエンザは、予防接種を受けてもかかってしまうほど身近な病気であり、場合によっては重篤な合併症を引き起こす可能性もある恐ろしい病気です。そのため、より早期に快方へとつなげる必要があり、それには西新宿の耳鼻科クリニックのような専門医のいるクリニックを受診することをおすすめします。